管理人
趣味が講じて国際利き酒師に

ひょんなことから日本酒にハマり、今では国際利き酒師のライセンスも取得。ただひたすら、美味しいお酒とその妻を探す放浪記

フォローする

蔵元に行かないと手に入らない向秀名前の由来は7人の賢者から

先日、山梨県にある七賢の蔵元まで足を運んだ際に、やはり限定品に弱くしかも、生酒なんです。

蔵元でしか手に入らない貴重な酒。向秀 読めません。なんて読むの

  1. 向秀 純生
  2. 向秀 純生 味の評価
  3. 本日のおつまみ

向秀 純生

向秀
向秀
向秀
向秀

「七賢人」シリーズ

「竹林の七賢人」の名前を冠した、純米大吟醸から本醸造までの七種の“生酒”。
しぼりたての新酒を火入れすることなく、フレッシュなまま瓶詰めした、
蔵元でしか味わえない限定生酒となっております。

七賢公式サイト

読めるわけもなく、どうやら中国語のようです。実在した優秀中国人の名にあやかり、つけられた名前だそうです。

七賢
七賢

キャップにしっかり家紋がありますね。

七賢
七賢

オールドキャップですね。手を切らないように

開栓

七賢
七賢

香りはKid系の今流行りの吟醸香

グビッと

向秀 純生 味の評価

七賢 向秀 味の評価

香りはそこまで強くなく飲み切りはキレよし。雑味はなくスッと飲みやすい。初心者向けですね。今主流の淡麗辛口。肉系よりも淡白な魚などと相性は良さそう。この酒だけ食前酒として飲んでも良いかも。とても飲みやすく是非蔵まで買いに行く価値はあります。昔の日本酒好きには合わないかもしれませんが。

本日のおつまみ

じゃがりこ 塩と胡麻油
じゃがりこ 塩と胡麻油
じゃがりこ 塩と胡麻油
じゃがりこ 塩と胡麻油

塩と胡麻で合うかもと思いましたが。会いました。結構じゃがりこは日本酒に合うかもです。

今日もいい一日でした。

コメント