管理人
趣味が講じて国際利き酒師に
kinkanboy

ひょんなことから日本酒にハマり、今では国際利き酒師のライセンスも取得。ただひたすら、美味しいお酒とその妻を探す放浪記

フォローする

鍋島_プレゼントにも最適。おすすめ日本酒

  1. 鍋島 純米吟醸 山田錦
  2. 鍋島 純米吟醸 山田錦 味の評価
  3. おつまみ

私は今日も一人酒です。

小粋な酒屋をめぐるのが段々と趣味になってきた今日この頃。電波キャッチの精度も大分上がってきておりまして。
休日に東京は西小山にある
かがたや酒店に来店。

 地酒専門創り酒屋 かがた屋酒店 かがた屋酒店は昭和三年から西小山で日本酒,焼酎,日本ワインを中心に商売をさせていただいてます。厳選商品の販売はもちろん、試 www.kagataya.net

「鍋島」があるじゃやないですか! 
噂には聞いていたけど、まだ飲んだことがなくお店の方におすすめを聞いたところやはり純米吟醸からが良いということで。ご購入。
スタコツー、ツースタコラ。で家路に。

鍋島 純米吟醸 山田錦

鍋島 純米吟醸
鍋島 純米吟醸

黒字に紫、中々な配色。「HMV」の制服ぐらいしか思い出さない組み合わせ。

鍋島 純米吟醸
鍋島 純米吟醸

注意事項を読み

鍋島 純米吟醸
注意 鍋島 純米吟醸
鍋島 純米吟醸
キャップ
鍋島 純米吟醸
キャップ

キャップはオールドスタイル

早速開封。

残念シャンパンのようにポンとは言わなかった。

鍋島 純米吟醸
スライムグラス
鍋島 純米吟醸
スライムグラス

お気に入りのスライムグラスに注ぎ。

クンクン香りは大吟醸並みのフルーティな香りが弱いながらしっかりと芳醇。脳の中では今までの吟醸酒が過ぎる

鍋島 純米吟醸 山田錦 味の評価

グビッと

鍋島 純米吟醸 評価 レビュー
鍋島 純米吟醸 評価 レビュー
きき酒師
きき酒師

あれ、お米の味がしつかりする。
口元に近づきファーストタッチは、確実に吟醸のフルーティな香りと味。
すぐさま態度を変える、まるで二重人格ように香しさから急に「自分正統派です」と言わんばかりにお米の程よい甘さがきて尚且つ爽やかに立ち去る。

トロミはなく舌の上でサラッと消え去るように後味がクリア。
多少なりとも酸味もあるけど酸味を感じないほどくどくない。
常温でもぬる燗でもいけそう。
初め芳醇香り後に清潔感あふれるクリア飲み口

特徴としてとにかく飲みやすい。
濃すぎず薄すぎない料理と相性が良さそう。

おつまみ

焼き豚
チャーシュー
和からし
チャーシュー
焼き豚

今回焼き豚with和からしだと、お互いの良さを消してしまう組み合わせだったので、鍋、刺身、漬物、サラダ、チーズ、天ぷらくらいの濃度の食べ物が相性が良いかも、唐揚げ、麻婆豆腐、焼き魚だと少し濃いかも。
日本酒ビギナーにはとても向いている味わい

鍋島調べました。

  • 世界最大規模・最高権威と評価されるワイン・コンペティションである「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2011」の授賞式が9月6日、ロンドンで開催され、日本酒部門の最優秀賞「チャンピオン・サケ」に、佐賀の酒「鍋島 大吟醸」

日本酒世界No.1 の称号「チャンピオン・サケ」に、佐賀の酒「鍋島 大吟醸」が選ばれました!/全国知事会ホームページ 全国知事会のホームページです。 www.nga.gr.jp

  • 観光名所なんだろ佐賀県は?
    調べたところ、第3位に棚田の田んぼが観光名所ランク3位に出ました。大自然な環境なんだと思います。
  • 名前の由来は一般公募で決まったそうです。
    たくさんの応募があるなか、佐賀にゆかりの深い鍋島氏の家名を冠する「鍋島」が選ばれだそうです。
    江戸時代の佐賀藩藩主「鍋島氏」に由来しています。

佐賀から世界に評価をされる酒へ。「鍋島」を解説! | [-5℃]日本酒ラボ 品質の高さに定評があり、話題性は海外にまで及んでいる日本酒の「鍋島」。この記事では「鍋島」の種類や値段、「鍋島」を造ってい sake-5.jp

地元佐賀の人に、末長く愛される酒にしたいという想いから富久千代は銘柄の一般公募に踏み切ります。
地元の方に名前を付けてもらうことでより地域に密着できると考えたんだとか。

いちばん身近な呑み仲間

佐賀の名酒・鍋島!世界一も経験した日本酒の魅力を徹底解説 | nomooo 佐賀県が世界に誇る日本酒「鍋島」。 数々の賞を受賞し、全国的にも知られるようになりました。 しかし、これほどまでに実力www.nomooo.jp

  • 富久千代(ふくちよ)酒造
    蔵元は富久千代(ふくちよ)酒造でチェーン店のように飲まれる酒よりは本当に美味い酒を提供したいがコンセプトで作られた日本酒。
    地下水脈に長けた環境に恵まれ、水脈など豊かな大自然の中から世界に認められる一品へと変貌していったようです。賞を受賞する前は、そこまではまだ名は轟いてなかったそうです。蔵も受賞しても規模を拡大せず、大量生産より品質重視でスーパーではなく限られた所でしか手に入らないような規模感にしてるそうです。

佐賀の酒 鍋島 日本酒「鍋島」の富久千代酒造公式サイト。商品紹介、受賞歴、蔵の紹介など。 nabeshima.biz

ホームページは、それなりにお金がかかってますね。写真もプロの仕事です。

御宿 富久千代|公式|酒蔵オーベルジュ 佐賀県鹿島市。日本酒「鍋島」を生んだ富久千代酒造のオーベルジュ。ご宿泊・ご夕食の予約 fukuchiyo.com

  • 酒蔵オーベルジュ
    フランス語らしです。食事と酒蔵見学付き(非公開)の宿泊があるようです。日本家屋に泊まれて食べ物から酒まで提供してもらえるなんて。食事して風呂入ってリラックス。最高のコースです。フランスのワインの酒蔵ではオーベルジュが割とポピュラーだそうです。

是非機会があれば行ってみたものです。佐賀遠いいな〜。また、違う「鍋島」飲んでみよう。

スライム

コメント